fc2ブログ

01月 « 2024年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月



[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

THE NORTH FACE【ダッフルバッグ】使用レビュー・感想・インプレッション

2014年 07月23日 01:12 (水)

     


みなさんこんばんはstoneです。

ブラジルW杯が終わって、得点王に輝いたハメス・ロドリゲス選手が、100億以上の移籍金でレアル・マドリードに移籍するようです。
W杯で活躍した選手のトップクラブ移籍のニュースも増えて来そうですね。
日本の選手もレベルアップして、4年後のロシアW杯で活躍して欲しいと思います。

さて、前回は「BURTON OUTLET STORE YOKOHAMA」のオープン情報の紹介をしました。
7月19日にオープンして、早くも足を運ばれた方もいるかもしれません。
stoneも近いうちに1度行ってみたいですね。

今回はstoneがスノーボードや、夏の旅行などで使用しているTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のダッフルバッグの機能や感想などを紹介したいと思います。


GOLDWIN WEB STORE

BC DUFFEL(ダッフル) M

【サイズ/容量】 61×38cm/72L
【重さ】 1,600g
【原産国】 ベトナム
【価格】¥15,500(税別)
【機能】 数々のエクスペディションを支えてきたロングセラーのダッフルシリーズ/背負うことのできるショルダーハーネス/D字型で大きく開くジッパーオープニング/両サイドに荷揚げ用ハンドル/強度の強いバータックとステッチ/4本のコンプレッションストラップ/フラップ裏にメッシュポケット/ネームホルダー/単品でも使用可能な収納用トートバッグ付属

画像は今シーズンのモデルのものです。
今シーズンはブラック/TNFレッド/サミットゴールドの3色がラインナップされています。
前シーズンはフラッシュライトグリーン/ストームブルー/バーントオリーブグリーン/コーンオレンジ/アゼリアピンクの5色の展開がありました。
型落ちのカラーであれば、公式サイトでもサマーセールでお手頃に購入することができますね。


ノースフェイス ダッフル1 正面
stoneが使用しているのは、2~3年前のパープルカラーのものです。
今シーズンのモデルと比べても、大きな機能の変更は無さそうですね。
防水性と耐久性に優れた素材を使っているので、雪や雨でタフなコンディションのスノーボードにも最適です。
水に強いので、夏の海への旅行にも良いと思います。


ノースフェイス ダッフル3 裏
裏面は一見防水性が無さそうに見えますが、内側は防水性のあるポリエステル素材なので、地面に置いても安心です。


ノースフェイス ダッフル4 ショルダー
バックパックのように背負うことのできるショルダーハーネスが付いています。
重い荷物でもしっかり背負うことができて、移動中などに両手がフリーにできるので嬉しい機能です。
stoneはスノーボードに行くときは、このダッフルバッグを背負って、ソールガードに入れたボードを手に持つことが多いです。


ノースフェイス ダッフル5 持ち手
耐久性の高い持ち手も付いているので、手持ちの場合も安心です。
マジックテープで2つの持ち手をまとめることができるので、写真のようにショルダーハーネスを間に入れて止めることで、からまったり引きずってしまったりすることがありません。


ノースフェイス ダッフル6 大ポケット
荷物を出し入れしやすいU字型の開口部です。
かなり大きく開くので、大きな荷物でも入れやすく、整理や探し物の時も他のバッグに比べて簡単です。


ノースフェイス ダッフル7 内容量
容量も72Lと大きいので、ブーツや着替えを入れてもまだ余裕があります。
普段使いもしやすいSサイズや、大きい荷物を1つにまとめたい方やバックカントリーで荷物が多い方にも十分な容量のLサイズXLサイズのラインナップされています。
Lサイズ以上はかなり大きいので、普通にスノーボードや旅行で使う方には、S・Mサイズで十分だと思います。


ノースフェイス ダッフル9 ファスナー
ファスナー部分は大きくてストラップ付きなので、寒いときにグローブをしたままでも比較的簡単に開閉ができます。


ノースフェイス ダッフル8 小ポケット
裏側にはフラップ全体にファスナーポケットがあります。
小物やすぐに取り出したいものを入れることができるので便利です。
ポケット内にはキーチェーンも付いているので、大事なカギなども探すことなく取り出せます。


ノースフェイス ダッフル10 カラビナ1 ノースフェイス ダッフル11 カラビナ2
サイドにはデイジーチェーンと呼ばれる、カラビナなどを留めることができる機能がついています。
stoneはカラビナをいくつか付けておいて、濡れたグローブやヘルメットを付けています。
小物を入れたポーチなどを付けておいても便利ですね。


○感想
ノースフェイスのダッフルバッグを購入してから、2~3シーズン使っていますが、大きな不満はないので良い商品だと思います。
雪や雨に強いバッグを探していてこのバッグに出会いましたが、防水性も高いですし、タフなのでスノーボードや旅行で活躍してくれています。

サイズは迷いましたが、Mサイズでちょうど良かったと思います。
Sサイズでは容量が足りないと思いますし、Lサイズ以上は容量が大きすぎてスカスカになりそうで、逆に荷物を満タンに詰めてしまうと背負うのも大変そうなので、女性は特に注意が必要だと思います。
ボードや旅行で使う方は、Mサイズが1番荷物も良く入って小回りもきくのでおすすめです。

難点としては、荷物の詰め方が悪いと背負い心地がかなり悪くなるところですね。
背中に当たる部分に硬いものを入れてしまうと、歩く度に痛いですし、全体のバランスを考えて荷物を入れた方が良いですね。
あとは、防水性が高いので、夏に長時間背負っていると、背中が暑くて汗だくになります。

多少気になるところもありますが、他のバッグでも同じ問題は起きそうなので、商品のせいではない気もしますね。

タフに使えてたくさんものを入れたい方にはおすすめできるバッグだと思います。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, THENORTHFACE, ノースフェイス, ダッフル, バッグ,

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2016年11月25日 14:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ダッフルバッグの大きさについて

2016年11月28日 09:26

snowさん
コメントありがとうございます!
荷物の内容を見る限りMサイズがちょうどいいと思います。
Sサイズでは入り切らないと思いますし、Lサイズだとかなりスカスカになるかなと。
ウエアによっては(ダウンなど)きつくなるかもしれないですが、フラップ式の開口部なので閉まらないとか、ファスナーが壊れるみたいなことは起きないと思います(^ ^)
私はウエア上下、インナーウエア一式、プロテクター(下ハーフ)、ブーツ、ヘルメットを入れてピッタリ?パンパン?くらいです(参考までに)

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/north+face%E3%80%80%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%AB+M%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA
楽天で見ると迷彩柄とかも増えてますね(・∀・)


http://amzn.to/2gwiQzf
アマゾンだと並行輸入ですが珍しいカラーもありました。


参考になれば幸いです(^▽^*)