fc2ブログ

12月 « 2022年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月




ツタヤの映像サービス30日間0円!

FLUX DS バインディング

2022年 01月12日 01:20 (水)




こんばんはstoneです。
今シーズンスタート前にバインディングも新調しました。

ずっとBURTONのバインディングを使ってきましたが、初めてFLUXのバインディングを買いました。
FLUXは試乗会では使ったこともあって良いモデルも多いなと思っていましたが、ショップでいつも対応してくれているスタッフの方の説明を聞いて刺さってしまったので、BURTONから浮気して購入してしまいました。
購入したのは「FLUX DS(フラックス ディーエス)」です。

シーズンスタート前に買って、今シーズン7日間ほど使用してみたので、今回はFLUX DSの購入したポイント、感想・レビューなどを書いていきたいと思います。

<FLUX DSを購入したポイント>

◆ストラップ
FLUXのバインディングの特徴として、アンクルストラップがヒールカップの内側についてるとうことが挙げられます。
ヒールカップの内側にストラップがあることで、ブーツとストラップの間に隙間ができないので、フィット感・レスポンスが高まります。
これはFLUXの特許だそうです。
他のブランドはヒールカップの外側にストラップが付いているので、ブーツとストラップの間に指一本分くらいの隙間ができてしまいます。
(BURTONはヒールカップの中にストラップが付いてるけど、それでも隙間はできる)

◆メーカー・ブランド
FLUXは、カーメイトという会社が企画・製造・販売をしているブランドです。
カーメイトは日本の自動車用品を作っている会社です。
JAPANブランドで「日本人に合うバインディング」というコンセプトでスタートしたのがFLUXブランドです。
日本人の体格やパワーなどを基準に、日本人ライダーのフィードバックから改良されていることも多いので、日本人が快適にベストなパフォーマンスにつながるギアになっています。
本体が自動車用品の会社が運用しているブランドなので、FLUXのバインディングの耐久性などは、他ブランド以上に厳しい基準でテストされているらしいです。




<FLUX DSのスペック・特徴・画像>
FLUX DSのスペックや特徴を紹介していきます。

FLUX DS

FLUX DS全体のビジュアル。


FLUX DS_正面

店頭にはレッド、ブルーの在庫が残っていましたが、スノーボード(板)とウェアの色に合わせてブルーにしました。


FLUX DS_ハイバック

ハイバックは非対称な形状になっています。


FLUX DS_ハイバック横

ハイバックの外側は、ブーツを包み込むように少し丸みを帯びていて、ターンの切り替えやスピン系のトリックのときも、ブーツ→バインディング→板と力が伝わりやすいようなギミックになっています。


FLUX DS_ハイバック前面

ハイバックの正面側(ブーツ側)にはパッドが付いています。
ブーツとの隙間ができにくく、無理にフォワードリーン(ハイバックの前傾)を入れなくても、ブーツとのフィット感が良くなる工夫がされています。


FLUX DS_ストラップ

トゥストラップはブーツを包む部分は空間が空いているタイプで、真上からではなく、斜め上の角度でブーツのつま先を包むように留めるようになります。
アンクルストラップは、ブーツに当たる幅広めのパッドをプラスチックのバンドで締め付けるような形状になっています。


FLUX DS_アンクルストラップパッド

ブーツと接する部分は、ハニカム形状になっている、柔らかくフィット感の高いアンクルストラップです。


FLUX DS_ヒールカップ1

FLUX DS_ヒールカップ2

アンクルストラップの位置が、FLUXのバインディングの特徴のひとつです。
ヒールカップの内側にアンクルストラップがついています。


FLUX DS_ベースプレート

ベースプレートには、FLUXのロゴが入っています。
ヒール部分、足裏部分、トゥ部分、3つのパーツで構成されています。
ヒールプレート、トゥプレートそれぞれの長さの調整ができます。


FLUX DS_ヒールプレート1

FLUXのバインディングはヒールプレートも調整することができます。
(他のブランドはトゥ側のプレートしか調整できないことが多い)


FLUX DS_ヒールプレートストッパー1

FLUX DS_ヒールプレートストッパー2

ヒールプレートの裏側のストッパーをつまむと、プレートの位置を動かすことができます。


FLUX DS_ヒールプレート2

ヒールプレートをここまで伸ばすことができます。
ブーツのかかと部分が浮くことがないので、ヒール側のレスポンスも上がります。
足裏のプレートとヒールプレートの間を埋めるクッションも付属しています。
ヒール側のプレートを調整できるのはFLUXくらいしかないので、メイドインジャパンのこだわりを感じます。


今回は新しく購入したバインディング「FLUX DS(フラックス ディーエス)」の特徴やポイント、画像などを紹介しました。
次回以降の記事で実際にFLUX DSを使用したレビュー・感想なども紹介したいと思います。



【Burtonオンラインストア】




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, FLUX, フラックス, バインディング, ビンディング,

コメントの投稿

非公開コメント