fc2ブログ

01月 « 2024年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月



[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

CAPiTA/OUTER SPACE LIVING 2017 試乗レビュー・感想・インプレッション

2016年 09月23日 21:40 (金)

     


みなさんこんばんはstoneです。
秋めいてきて肌寒い日が続いてます。
ということは新シーズンへの準備の時期ですね。
ギアやウエアのニューモデルもショップに並び始めましたね。


前シーズン最後に行った試乗会のレビューが、いまだに終わってないので、
数か月ごしですが書いていきたいと思います。

スペックとか感想とかのメモはしているんですが、ブログにちゃんと書くとなるとなかなか重い腰が上がらずw
新シーズンの準備の参考になれば幸いです。

今回はCAPiTAのOUTDOOR LIVINGの後継機「OUTER SPACE LIVING」のレビューを紹介します。
フリースタイルに強いイメージのCAPiTAのキャンバーベースのハイブリッドボードです。


4月2日に参加したのは群馬県沼田エリアにある「たんばらスキーパーク」で開催された、全国展開しているスポーツショップ「ALPEN/SPORTS DEPO」主催の試乗会です。
春先の緩んでいる雪だったので、ハイシーズンに同じ板に乗った場合、ガラッと印象が変わってしまうかもしれませんが、普段使っているゲレンデなので板の感触を確かめるには良かったですね。

第2高速リフトに乗って山頂まで上がり「センターコース」を滑りました。
広いバーンはあまりないですが、ちょうど良い斜度でのフリーラン・カービング、小さめのキッカーやボックスが設置されていたので、いろいろな乗り方でボードを試すことができました。

CAPitA ロゴ
CAPiTA(キャピタ)
〈ブランド紹介〉
2000年にライダーのジェイソン・ブラウンとブルー・モンゴメリーによってアメリカで誕生したスノーボードブランドです。
フリースタイル系のイメージが強く、グラフィックが奇抜で斬新なものが多いです。
最近ではVOLCOMとのコラボモデルなどもありオシャレなイメージがあります。
ゲレンデでCAPiTAに乗ってる人を見かけると、上手でオシャレな人が多いですね。
日本での輸入・販売はブーツブランドの「DEELUXE」、バインディングメーカーの「UNION」などを扱う「カスタムプロデュース」という会社が行っています。


OUTER SPACE LIVING 152cm (アウタースペースリビング)


CAPiTA OUTER SPACE LIVING 2016-2017 トップシート
トップシート
空から撮った雪山のグラフィック。
センターには「空」の文字。
CAPiTAにしては、落ち着いたデザイン・カラーリングです。
モノトーン系のバインか、ロゴに合わせて赤のバインが良さそうです。

CAPiTA OUTER SPACE LIVING 2016-2017 ソール
ソール面
トップシートと連動した雪山のグラフィックと、
赤で日の丸&ブランドロゴ。
トップシートとソールの統一感はいい感じだと思います。


○価格:¥62,000
初中級モデルの価格帯です。
はじめてのマイボードでも手が届くぐらいのお値段ですね。


○ベンド:ハイブリッド
キャンバーに近いハイブリッド形状です。
両足間はキャンバーですが、足裏あたりからロッカー形状になっています。
ノーズ、テールのキックが早めに反り上がっているようなベンド。
乗り心地はキャンバーに近いですが、エッジグリップ・引っかからなさはダブルキャンバーに近いですね。


○シェイプ:ツイン
ノーズとテールが等しい形状です。
レギュラースタンスでもスイッチスタンスでも同じ乗り心地で滑ることができます。


○フレックス:ツイン/ソフト~ミドル
ノーズとテールのフレックス(硬さ)が同じでレギュラーでもスイッチでも同じ乗り心地で滑ることができます。
フリースタイルモデルなので、柔らかいフレックスの設定になっています。
高速での安定性には欠けますが、初心者の方にも扱いやすく、ルーズな乗り心地を楽しむことができます。
CAPiTAのラインナップの中では、ミドルフレックスに設定されてますが、
他のブランドに比べて、CAPiTAの板は柔らかい?しなやかな?薄い感じ?な乗り味なので、
初心者の方でも乗りやすいと思います。


○バインディング:UNION 「ATLAS(アトラス)」¥38,000
UNION ATLAS BLACK 2016-2017 ハイバック  UNION ATLAS BLACK 2016-2017 フロント  UNION ATLAS BLACK 2016-2017 ストラップ
バインディングブランドUNIONの中上級モデルを使いました。
左右非対称なハイバックが特徴です。
全体的なフレックスは硬めで、かっちりした印象ですが、
ストラップが少し変わった形状で、左右の遊びが大きい感じがします。
足部はガチガチに固定したいstoneとしては、ちょっとしっくりこなかったです。
これは好みの問題ですね。
UNIONはこのくらいの価格帯以上の、中級~上級モデルの方がいいですね。
(初級モデルは少しチープな印象なので、安い価格帯ならFLUXの方が個人的にはおすすめです)


○フリーラン・カービング【滑り】:3.5 (5段階中)
キャンバー寄りのベンドですが、純粋なキャンバーほどエッジグリップは良くないです。
乗り味としてはダブルキャンバーに近いです。
高速になるとバタつく感じがあるので、スピードを出してがんがん滑るのにはあまり向いてないですね。
中低速では取り回しがしやすい割に、しっかりグリップする感じがあるので、そこまでスピードを出さなければ乗りやすい板だと思います。


○グラトリ・ジブ【遊び】:4.5 (5段階中)
(CAPiTA全般ですが)軽くてしなやかなので、遊びながら乗るには楽しい板です。
バインのすぐ外側からキックが始まるような形状なので、ちょっと体重移動するだけでプレスがしっかり上がります。
板を踏むタイミングに慣れれば、反発を使ってジャンプ・スピン系も高さが出そうな感じです。
特別得意という板ではないですが、フリースタイル寄りのブランドなので、ジブも問題なくこなせます。


○キッカー【ジャンプ】:2.5 (5段階中)
軽くて空中では取り回しはしやすいですが、アプローチでのバタつきが気になります。
小さめのキッカーで遊ぶには扱いやすいですが、大きなキッカーを飛ぶ方はちょっと不安だと思います。
ゲレンデ内の落差や地形で遊ぶには、バランスがいい板です。


○感想
CAPiTAの板は何本か乗ったことがありますが、どれも乗りやすいですね。
「OUTER SPACE LIVING」はキャンバーに近い板ですが、そこまでフリーラン向きのモデルではないと思いました。
(柔らかさ、グリップなどが)

1本でいろんな乗り方をしたい、とか、スタイルが決まってない、という方にはオールラウンドに使えて便利な板です。
初めてマイボードを買うという方にも、乗りやすい&ある程度ちゃんと滑れると思います。

ただ、やりたいこと・スタイルが決まってる方にはどっちつかずになってしまうかもしれないです。
フリーランをしたい!→純粋なキャンバーボードの方がいい。
ジブ・グラトリだ!→ロッカーボードorロッカー寄りのハイブリッドの方がいい。

中速くらいで滑る機会が多い人向けのモデルだと思います。

CAPiTAは乗りやすい(足裏感が柔らかい)ので、最初に乗ったら他のブランドに代えたときに違和感がありそうですw

楽天市場でCAPiTA OUTER SPACE LIVINGを検索する

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, CAPiTA, OUTERSPACELIVING, UNION, ATLAS,

コメントの投稿

非公開コメント