fc2ブログ

04月 « 2024年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月



[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

パワーライド スノーボード

2024年 01月24日 00:43 (水)

     


みなさんこんばんはstoneです。

今回は、スノーボードブーツに使うアクセサリ・便利グッズ「POWERRIDE(パワーライド)」というアイテムについて紹介したいと思います。

宮城県仙台市のフリーライドという会社・ショップが開発しているアイテムで、ブーツのフィット感のアップ、板の操作性の向上などの効果があります。


<パワーライドとは>

パワーライド スノーボード_1

公式サイトより引用
パワーライド(POWERRIDE)とは
フィット感、操作性を良くする奇跡のパーツ!
パワーライドはスキー、スノーボードを楽しく速く快適に滑ることを可能にする奇跡のパーツです。
シェルとインナーの間に装着し、ブーツ内の隙間を無くすことにより足首周りの一体感を生み、操作性やパワー伝達性を向上させます。
バックルを無理に締めなくても、素材形状特性により足裏やカカトを密着、滑降中のぐらつきを抑え、無理な締め付けから解放されます。



使い方は簡単で、ブーツのインナーとアウター(シェル)の間に入れていつも通りヒモやワイヤーを締めてブーツを履くだけです。


<パワーライド 効果>

「POWERRIDE(パワーライド)」をブーツに入れると、足とブーツのフィット感が上がって、滑走時の操作性が向上します。

スノーボードの場合、特にトゥサイドターン(つま先側)の時に、足首を曲げて踏み込んだときの荷重がスムーズになって、板の角付けがクイックになるのが最大のメリットのひとつです。

元々は競技やカービング向けのものでしたが、硬さや形状の違うラインナップが増えて、グラトリメインのライダーや、初心者の方にも使われるようになっています。

【「POWERRIDE」公式サイト】


<パワーライド ベーシック ミディアム>

パワーライド スノーボード_2

■POWERRIDE BASIC MEDIUM(パワーライド ベーシック ミディアム)

購入したのはミドルフレックスの中級者向けくらいの設定のモデルです。

前シーズンに購入して、滑りやすさが向上したので、今シーズンも継続して使用しています。


今回は、スノーボードブーツ用のアイテム「POWERRIDE(パワーライド)」について紹介しました。

次回以降の記事で、POWERRIDE(パワーライド)の種類や具体的な使い方、感想・評価・レビューなども書いていきたいと思います。


【楽天で「パワーライド」を検索】 【Amazonで「パワーライド」を検索】 【メルカリで「パワーライド」を検索】

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】





スポンサーサイト



テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, パワーライド, POWERRIDE, アクセサリ, 便利グッズ,

スノーボードウェア 防水スプレー

2023年 09月12日 22:24 (火)

     


みなさんこんばんはstoneです。

スノーボード・バインディングなどのハードグッズから、スノーボードウェアや小物関係も、来シーズンの新モデルがリリースされる時期になってきました。

今回は、スノーボードウェアにおすすめのグッズを見つけたので情報シェアとして紹介したいと思います。

「カーボンプロ(CARBON PRO)」という防水スプレーです。


<カーボンプロ(CARBON PRO)>

「カーボンプロ(CARBON PRO)」は、ドイツの「コロニル」というブランドがリリースしている商品で、世界各国で累計出荷本数が1600万本以上の実績があります。

「コロニル」は、ドイツで創業110年以上の歴史のある老舗レザーケアブランドです。


一般的な防水スプレーは、「フッ素系」と「シリコン系」の2種類に分類されます。

「フッ素系」の防水スプレーは、油系の汚れに強いが、摩擦には弱い。
「シリコン系」の防水スプレーは、摩擦に強いが、油系の汚れに弱い。という違いがあります。

「カーボンプロ(CARBON PRO)」は、フッ素系の防水スプレーながら、カーボン繊維を用いた新技術で、摩擦に弱いという弱点を克服した、良いとこ取りの性能になっています。




一般的な防水スプレーに比べて、「カーボンプロ(CARBON PRO)」がスノーボードに適している点がいくつもあると思いました。


■摩擦に強い=スノーボードウェアに最適

リフトの乗り降り、バインディング装着で座る、滑っていて転ぶ、ウェアに付いた雪をはらうなど、スノーボードウェアは、擦れたりして摩擦が発生することが非常に多いです。

耐摩耗性に優れる防水スプレーであれば、防水効果が長持ちします。


■GORE-TEXにも使える

「カーボンプロ(CARBON PRO)」は、通気性を持っているので、GORE-TEX(ゴアテックス)などの、透湿防水素材の機能を妨げることなく、防水性能を発揮することができます。


■油系の汚れに強い=リフトの時にも安心

油に強いフッ素系の防水スプレーなので、リフトの支柱やワイヤー付近から、オイルがスノーボードウェアに垂れて来たときでも、ウェアを守ってくれる可能性があります。


今回は防水スプレー「カーボンプロ(CARBON PRO)」を紹介しました。

防水スプレーは使っていましたが、シリコン系とフッ素系違いや、持続性などを機にしたことがなかったので、最強の防水スプレーとも言われる「カーボンプロ(CARBON PRO)」を使ってみたいと思います。

撥水・防水性能の落ちてきたスノーボードウェアにはもちろん、新しく買ったウェアに使うことで、性能が落ちる前にウェアを水・汚れから守ることができます。

【楽天で「カーボンプロ」を検索】 【Amazonで「カーボンプロ」を検索】

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】





テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, ゲレンデ, スノーボードウェア, 防水スプレー, アウトドア,

ラッシュガード

2023年 07月20日 22:35 (木)

     


こんばんはstoneです。
今回は、マリンスポーツで活躍してくれるアイテムについて紹介したいと思います。

海・川・プールなど夏のレジャーの日焼け・紫外線対策として、最近では着用している人も増えている「ラッシュガード」について、ラッシュガードとはどんなアイテムなのかや、おすすめのラッシュガードなどについて紹介します。


<ラッシュガードとは>

■ラッシュガードとは

ラッシュガードとは、元々はサーフィン用のアンダーウェアで、RASH(ラッシュ)+GUARD(ガード)が語源になっている通り、サーフィン時のウェットスーツや板との擦れ防止として着用されていたアイテムです。

伸縮性・速乾性に優れた素材で、日焼け・紫外線対策になるので、プールや海などでのレジャーでも一般的に着用されるようになりました。

日焼けをしたくない、体のライン・体型をカバーしたいという大人はもちろん、日焼け・暑さで体力を奪われやすい子供への着用も多くなっています。

Tシャツなどと違って水に濡れても重くならないので、着たまま泳ぐのにも向いていますし、水から上がった後も乾きやすく・動きやすいので、水辺でのレジャーにぴったりです。


<ラッシュガード レディース>

レディースのラッシュガードは、おしゃれなデザインで、体のライン・体型がカバーできるタイプが人気です。

パーカータイプや上下セットのタイプなどは、広いエリアの日焼け・紫外線をガードしてくれるのでおすすめです。


■ラッシュガード レディース おすすめ




【楽天で「レディースのラッシュガード」を検索】 【Amazonで「レディースのラッシュガード」を検索】


<ラッシュガード メンズ>

メンズのラッシュガードは、スポーティーなタイプや、サーフブランドのアイテムが人気です。

腕までしっかり守れる長袖タイプも多くラインナップされていますが、肩・背中など日焼けしやすい場所を守りながら、見た目も涼しげで動きやすい半袖タイプがおすすめです。


■ラッシュガード メンズ おすすめ




【楽天で「メンズのラッシュガード」を検索】 【Amazonで「メンズのラッシュガード」を検索】


<ラッシュガード 子供>

子供用のラッシュガードは、着たり脱いだりするのが楽な、前開きのファスナータイプが人気です。

かわいいデザインから、学校の授業でも使えるシンプルなものまで、ラインナップが豊富になってきています。

子供の体のサイズに合わせて、ダボっとし過ぎないサイズ感のものを選んであげると、着たままでも泳ぎやすく、濡れても動きやすいのでおすすめです。


■ラッシュガード 160





■ラッシュガード 130




【楽天で「キッズのラッシュガード」を検索】 【Amazonで「キッズのラッシュガード」を検索】


今回は海・川・プールでのレジャーやマリンスポーツで活躍する「ラッシュガード」について紹介しました。

今年の夏も暑さ・紫外線が厳しくなりそうなので、着るだけで手軽に対策ができるラッシュガードはおすすめのアイテムです。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, ゲレンデ, レジャー, マリンスポーツ, プール, ラッシュガード,

KEEN ヨギ レビュー

2023年 06月10日 21:29 (土)

     


みなさんこんばんはstoneです。

今回は最近購入したアウトドアサンダル(スポーツサンダル)を紹介したいと思います。

購入したサンダルは、「KEEN YOGUI(キーン ヨギ)」というモデルです。

実物を手にしてみた感じ・スペックや、数回履いてみたレビュー・感想・サイズ感などを紹介します。


<KEEN ヨギ レビュー>

KEEN ヨギ_1

KEEN ヨギ_2

「クロッグサンダル」と呼ばれる、アッパーが足の甲からつま先まで覆うスタイルのサンダルです。

アッパー部分は3つのバンド状になっているので、屈曲性が確保されて歩きやすい設計になっています。
ベンチレーションの穴も多く、通気性・水はけが良いデザインです。


KEEN ヨギ_3

ヒール部分はストラップなどは無く、楽に履き脱ぎができます。
土ふまずの部分は、アーチサポートになる形状で、長時間履いても疲れにくい工夫がされています。


KEEN ヨギ_4

アウトドアでも使えるタフなアウトソールです。
滑りにくいKEEN独自のアウトソールですが、濡れたマンホールの上などはさすがに滑りました。


<KEEN ヨギ サイズ感>

「KEEN ヨギ」は、比較的小さめの作りのサイズ感だというレビューも見かけます。
サイズは迷いましたが、27cm(9インチ)を購入しました。

普段履く靴のサイズ
・スニーカー(NIKE、AIR JORDAN、アディダスなど):27.5cm~28cm
・運動用のシューズ(フットサルなど):27cm
・スノーボードブーツ(BURTON):26.5cm
・革靴:26cm
・「KEEN ユニーク」:27.5cm

同じ「KEEN」のUNEEK(ユニーク)は、27.5cmを購入しましたが、今回買った「YOGUI(ヨギ)」は、27cmにしてみました。

「KEEN ユニーク」のレビュー・サイズ感などはこちらの記事を参考にしてください⇒【KEEN ユニーク サンダル】


ストラップやヒモのないクロッグサンダルタイプなので、ジャストフィットを狙って、「ユニーク」より0.5cmダウンのサイズを購入しました。

実際に履いてみたサイズ感・印象としては、長さや幅は特別小さく感じませんが、高さがタイト目な作りだと感じました。
インソールが高めの設定で、アッパー部分(特に足首に近い側)の高さは低めなので、甲高の足の形の方は0.5cm~1cmくらいアップしたサイズの方が履きやすいと思います。

クロッグサンダルの形状的に、小さいサイズにしてしまうと、アッパーの締め付け感が出やすいと思います。

逆に大きすぎる場合、サンダルの中で足が動いてしまうので、靴ずれが起きる可能性もあります。


個人的なサイズ感・印象としては、楽な脱ぎ履きを求める、普段使い・街履きの場合や甲高の足の方は、0.5cm~1cmアップ。
フィット感・ズレにくい安定感を求める、アウトドア・レジャー・水場での着用の場合、普段と同じサイズのチョイスが良さそうだと思いました。


KEEN ヨギ_5

今回は「KEEN ヨギ」のレビュー・感想・サイズ感の紹介をしました。

クロックスのイメージも強い「クロッグサンダル」スタイルで、気軽に履けるモデルです。

アウトドアサンダルブランド「KEEN」の商品なので、細かい部分にもこだわった設計なので、同じようなデザインでもノーブランドのものとは、機能・履き心地などが違うという感じがします。

「KEEN ヨギ」は、アウトドア・レジャーシーンでも、普段使いにもおすすめのサンダルです。



【楽天で「KEEN ヨギ」を検索】 【Amazonで「KEEN ヨギ」を検索】

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, ゲレンデ, サンダル, KEEN, キーン, ヨギ,

ジュガードフォーティーン

2023年 06月01日 22:01 (木)

     


みなさんこんばんはstoneです。
今回は、最近気になるブランドを紹介したいと思います。

「ジュガードフォーティーン(jugaad14)」
福井県鯖江市のアイウェアブランドで、2022年にデビューした新進気鋭のドメスティックブランドです。

日本最大のメガネの生産地である鯖江で、メイド・イン・ジャパンにこだわった高品質なサングラスを作っています。
日本人に合わせた機能、日本人に似合うデザインに設計されています。

紫外線の強さでレンズの濃さが変化する調光レンズや、雪面や水面の凹凸が見やすい偏光レンズのモデルもあります。

金属部品を使っていないシンプルなデザインも「機能美」という雰囲気でカッコいいです。

2022年に誕生した新しいブランドなので、人とかぶりにくいというのも魅力です。



「OCEAN CLEAR」





「HORIZON GRIP」

 ↑
気になるモデルです。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, ゲレンデ, サングラス, アイウェア, ジュガードフォーティーン, jugaad14,