fc2ブログ

01月 « 2024年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月



[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

FLUX バインディング セッティング【ストラップ】

2022年 12月24日 21:45 (土)

     


みなさんこんばんはstoneです。
今回は【前回の記事】に引き続き、スノーボード バインディングのセッティングについて書いていきたいと思います。

使用しているギア
・スノーボード:BURTON「CUSTOM」
・バインディング:FLUX「DS」
・ブーツ:BURTON「RULER BOA」
各スノーボードギアのスペック・紹介はこちらの記事を参考にしてください。
【FLUX バインディング セッティング【ギア・パーツ紹介】】


今回の記事では、FLUXのバインディングの「ストラップ」の調整について紹介します。


<FLUXバインディング セッティング>

ストラップと呼ばれる、ブーツとバインディングを固定するパーツの調整をしていきます。

つま先側を固定するための「トゥストラップ」と、足首側を固定する「アンクルストラップ」の2本があります。


ブーツに合わせてつま先側のストラップ(トゥストラップ)と、足首のストラップ(アンクルストラップ)それぞれの長さや角度を調整します。

今回は右足のブーツを使って調整した写真を使っています。


<FLUX セッティング トゥストラップ>

まずはつま先側の「トゥストラップ」のセッティングをしていきます。


FLUX ストラップ_1

つま先側のストラップ(トゥストラップ)が短すぎる状態です。
ブーツの形にフィットせず、バインディングのストラップを締めても、隙間ができて浮いてしまっています。


FLUX ストラップ_2

ストラップの長さが足りないので、中心からズレてブーツの親指側に寄ってしまっています。
ブーツとストラップが隙間なくフィットするように長さを調整していきます。


FLUX ストラップ_3

FLUX DSのトゥストラップ。
ラチェットの無い側、ストラップの内側(親指側)で長さ調節をします。


FLUX ストラップ_4

トゥストラップの内側(親指側)は、道具無しで指で取り外しができるビス止めになっています。
(固い、動きが悪い場合は、プラスドライバーを使うと良いです)


FLUX ストラップ_5

ビスのカバーを起こして回すと、ビスを緩ませて外すことができます。


FLUX ストラップ_6

ビスを抜いてちょうど良い長さの穴の部分に取り付けます。
元々ストラップが短かったので、少し伸ばした側の穴に取り付けて、ストラップが長くなるように調整しました。


FLUX ストラップ_7

ストラップの長さを調整したので、親指側に寄っていたのが中心になりました。


FLUX ストラップ_8

ブーツとバインディングのストラップの隙間がなくなって、フィットするようになりました。


<FLUX セッティング アンクルストラップ>

足首側の「アンクルストラップ」のセッティングをしていきます。


FLUX ストラップ_9

FLUX ストラップ_10

ストラップの長さが短いため、全体的に内側(親指側)に寄ってしまっています。
セッティングでストラップの長さを伸ばして、ちょうどよい位置に調整していきます。


FLUX ストラップ_11

ラチェットの無い側、ストラップの内側(親指側)で長さ調節をします。


FLUX ストラップ_12

道具無しで指で取り外しができるビス止めになっています。
(固い、動きが悪い場合は、プラスドライバーを使うと良いです)


FLUX ストラップ_13

ビスのカバーを起こして回すと、ビスを緩ませて外すことができます。


FLUX ストラップ_14

ストラップの根本の位置も調整することができます。
ストラップの角度が変わるので、ブーツにフィットするように調整していきます。


FLUX ストラップ_15

パーツを起こして回すと、外すことができます。
前後2つのビス穴があるので、合う側に取り付けていきます。


FLUX ストラップ_16

バインディングの前側(つま先側)の穴で固定していきます。
道具なしで取り外し・取り付けをすることができます。


FLUX ストラップ_17

FLUX ストラップ_18

ストラップの長さを伸ばしたので、ブーツのセンターにストラップが来るようになりました。


FLUX ストラップ_19

FLUX ストラップ_20

ストラップの根本の位置を変えたので、ストラップの角度も調整できました。
好みにもよりますが、足首を45°の角度で固定できると、スノーボードのコントロールをしやすいと言われています。


今回はFLUXバインディングの、ストラップのセッティングを紹介しました。

調整なしでもブーツとバインディングを固定することはできますが、正しくセッティングを行うことで、体の動きをブーツ→バインディング→板と連動して力が伝わるようになります。

正しいセッティングができていると、動きに対して板の反応にタイムラグがなくなったり、力のロスがなくなるので、操作性が向上します。

せっかくのギアのポテンシャルを活かすためにも、セッティングすることをおすすめします。

以前の記事では、FLUXバインディングのガスペダルのセッティングも紹介しています⇒【FLUX バインディング セッティング【ガスペダル(プレート)】】

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




スポンサーサイト



テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, FLUX, RULER, バインディング, ブーツ,

FLUX バインディング セッティング【ガスペダル(プレート)】

2022年 11月06日 13:43 (日)

     


みなさんこんばんはstoneです。
今回は【前回の記事】に引き続き、スノーボード バインディングのセッティングについて書いていきたいと思います。

使用しているギア
・スノーボード:BURTON「CUSTOM」
・バインディング:FLUX「DS」
・ブーツ:BURTON「RULER BOA」
各スノーボードギアのスペック・紹介はこちらの記事を参考にしてください。
【FLUX バインディング セッティング【ギア・パーツ紹介】】


今回の記事では、FLUXのバインディングの「ガスペダル」と呼ばれる、足裏のプレート部分の調整について紹介します。


<FLUXバインディング セッティング>

ガスペダルと呼ばれる、足を載せるバインディングのベース部分のセッティングは、多くのブランドはつま先側だけが調整できるモデルが多いです。

FLUXのバインディングは、つま先だけでなく、かかと側のプレートも調整できるようになっています。


最初につま先側のガスペダル(プレート)を調整してきます。


FLUX ガスペダル_1

ブーツのつま先部分のアウトソールがバインディングのベースに当たらず浮いている状態です。

バインディング側のプレートが足りていない状態なので、ガスペダルを調整して最大までつま先側のプレートを前に、かかと側を後ろに伸ばしていきます。


FLUX ガスペダル_2

ガスペダルと呼ばれる、バインディングのベースプレートのつま先部分を調整します。


FLUX ガスペダル_3

FLUX ガスペダル_4

裏側にあるレバー(ストッパー)を指でロックを解除してプレートを前側にスライドさせます。

スライドさせた部分でカチッとロックされたのが確認できればつま先側のプレート(ガスペダル)の調整は完了です。


FLUX ガスペダル_5

画像では分かりづらいですが、つま先側のプレート(ガスペダル)が前側に伸びています。


FLUX ガスペダル_6

つま先側のプレート(ガスペダル)が前側に伸びて、ブーツのつま先部分の接触していない(浮いている)部分が少なくなりました。


FLUX ガスペダル_7

かかと側のプレートも調整していきます。

1番短く(つま先寄り)になっているので、かかと側のプレートとセンター部分のプレートと隙間がほとんど無い状態です。


FLUX ガスペダル_8

ブーツに対してバインディングのプレートが短いので、ブーツのかかと部分が浮いてしまっています。


FLUX ガスペダル_9

FLUX ガスペダル_10

裏側のレバー(ストッパー)を両側からつまむようにしてロックを解除します。
かかと側にプレートをスライドして、再度ロックすれば調整完了です。

どの程度プレートをスライドさせるかは、ブーツのサイズ・形によるので、合わせてみて調節します。

ブーツのアウトソールの接地面と、バインディングのプレートの端が合えばベストです。
(ブーツによっては、プレートを伸ばし切っても足りない場合もあります)


FLUX ガスペダル_11

かかと側のプレートを1番後ろ側(かかと側)にスライドさせて、伸ばした状態にしました。

プレートがかかと側にズレたことで、センターのプレートとの隙間が最初に比べてかなり広くなりました。


FLUX ガスペダル_12

ブーツのかかとの接地せず浮いていた部分がなくなりました。

プレートとブーツのサイズを合わせることで、かかと側に力が伝わりやすく、ヒールエッジのコントロールがしやすくなります。


FLUX ガスペダル_13

かかと側のプレートの位置が決まったら、かかと側のプレートとセンターのプレートの隙間を、「フットベッドスペーサー」(パッド)で埋めていきます。


FLUX ガスペダル_14

隙間のサイズに合わせて切り取れるようになっています。
切り取った後の枠部分は不要になります。


FLUX ガスペダル_15

裏側は両面テープなので、剥がして貼るだけなので作業的には簡単です。


FLUX ガスペダル_16

プレートのスペースに合わせて、フットベッドスペーサー(パッド)を貼りました。
これでプレートの隙間がなくなります。


ブーツ
BURTON 「RULER BOA」(バートン ルーラー)
サイズ:26.5cm

バインディング
FLUX DS
サイズ:Mサイズ

上記のギアでセッティングしましたが、つま先側・かかと側どちらもガスペダル(プレートを)1番伸ばした状態で、接地面が良い感じになりました。



今回はFLUXバインディングの「ガスペダル」のセッティングを紹介しました。

次回以降の記事で、ストラップのセッティングなども紹介してきたいと思います。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, FLUX, RULER, バインディング, ブーツ,

FLUX バインディング セッティング【ギア・パーツ紹介】

2022年 10月22日 21:52 (土)

     


みなさんこんばんはstoneです。
2022-2023シーズンのスタート前に、スノーボードのセッティングについて書いていきたいと思います。

今回から数回の記事に分けて、「FLUX」のバインディングの取り付け・セッティング・調整について紹介していきます。

今回はFLUXバインディング取り付け方の紹介に先んじて、stoneが実際にセッティングしたギアの紹介と、「FLUX DS」に付属するパーツなどを紹介します。


<スノーボード 板>

BURTON「CUSTOM」

・サイズ:154cm
・ベンド:キャンバー
・システム:The Channel

BURTON The Channel_1

BURTON The Channel_2

BURTON The Channel_3

BURTON独自の「The Channel」と呼ばれるシステムです。
板のセンター部分に溝が入っていて、2本のビスでバインディングを留めます。
4×4システムのようにビス穴が決まっていないので、スタンス・アングルが自分の好みで微調整ができます。

今回は、BURTON「The Channel」の板に、FLUXのバインディングを取り付けていきます。


画像では旧型モデルになっていますが、昨シーズン買い替えて、現在は2021-2022モデルのBURTON CUSTOMに乗っています。

【BURTON CUSTOMのレビューはこちら】



<ブーツ>

BURTON「RULER BOA」
・サイズ:26.5cm
・シューレスシステム:BOA

BURTON RULER BOA_1

【BURTON RULERのレビューはこちら】



<バインディング>

FLUX「DS」
・サイズ:M
・カラー:METALLIC AZURE

FLUX DS

【FLUX DSのレビューはこちら】



<FLUX DS パーツ紹介>

FLUX DS バインディング

バインディング本体には、サイズ・左右が書かれたステッカーが貼付されています。
サイズは問題ないと思いますが、取り付けの際には、左右を確認するようにします。


FLUX DS 付属パーツ1

FLUX DS 付属パーツ2

ディスクプレート、取り付け用ビス、フッドベッドスペーサー(パッド)、カスタムスタビライザー(衝撃吸収パーツ)が付属します。


FLUX DS ディスク

ディスクプレートは、4×4システムと、今回取り付けるBURTON「The Channel」システムどちらにも対応しています。


FLUX DS ビス

取り付け用のビスは8本あります。
4×4システムの場合は、8本すべて使いますが、BURTON「The Channel」システムは、ビス2本でバインディングを留めるので、2本×両足で4本だけビスを使用します。


FLUX DS フッドベッドスペーサー

「フッドベッドスペーサー」という名前が付けれたパッドが付属します。
かかと側のガスペダルを下げたときの隙間を埋めるために使います。


FLUX DS カスタムスタビライザー

「カスタムスタビライザー」という名前の衝撃吸収用のパーツです。
ヒールカップに取り付けて使います。
テニスのダンプナー(振動止め)のようなものでしょうか。


今回はFLUXバインディングを取り付け・セッティングを行うギア、FLUX DSのパーツ紹介をしました。

次回以降の記事で、具体的なBURTON「The Channel」ボードと、「FLUX DS」バインディングの取り付け・セッティングの方法を紹介していきたいと思います。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, FLUX, RULER, バインディング, ブーツ,