fc2ブログ

01月 « 2024年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月



[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

BURTON【2014-2015 ラインナップ(レディースパウダーボード)】

2014年 11月20日 00:33 (木)

     


みなさんこんばんはstoneです。

俳優の高倉健さんが急逝されました。
日本を代表する俳優さんで、「幸せの黄色いハンカチ」や「鉄道員」などでの渋い演技が印象でした。
高倉健のような俳優さんはなかなか出てこない気もしますが、とりあえず健さんには天国でゆっくり休んで貰いたいですね。
ご冥福をお祈り致します。


さて、前回は14-15シーズンのBURTONのレディースロッカーボードのラインナップを紹介しました。

今回はレディースパウダーボード(S-ROCKER)のラインナップを紹介していきます。


BURTON ONLINE STORE

< S-ROCKER ~エスロッカー~ >
ベンド パウダー
両足間はキャンバー形状で、ノーズ部分がロッカー形状になっています。
ノーズのロッカーがパウダーでの高い浮力を生み出します。
両足間がキャンバー形状なので、安定性・スピード・エッジグリップも高く、オールラウンドに乗ることができます。
スイッチでのランディングは浮力・安定性共に落ちるので注意が必要です。


ANTI-SOCIAL/FAMILY TREE(アンチ ソーシャル/ファミリーツリー) ¥115,000

14-15 BURTON スノーボード バートン ANTI-SOCIAL アンチソシアル 150cm スプリット 【早期予約特典 プレチューン レビュー特典有】 レディース用 ファミリーツリー スプリットボードパウダー バックカントリー (日本正規品3年保証)

価格:124,200円
(2014/11/18 10:04時点)

バックカントリー・パウダー向けライン「FAMILY TREE」のモデルのスプリットボードです。
スプリットボードとは、板の真ん中で縦に2つに分割できる板のことを指します。
バックカントリーの場面で、登行時は分割した状態でスキーのように装着でき、パウダーで深く埋まることなく、ハイクアップできます。
登り終えた後は結合させて、通常のスノーボードとして使用します。
バックカントリー・パウダーを滑ることに特化したボードです。
ゲレンデで滑る方には、特長をほとんど活かせないと言っても過言ではないですね。
非圧雪のエリアを滑る方や、パウダージャンキーの方には多くのメリットがある板です。
女性専用に開発されたモデルのため、女性ボーダーに必要なフレックス・シェイプで、優れた操作性・パウダーでの浮力を持ったパウダーボードです。


レディースのパウダーボードは1モデルのみで、スプリットボードというかなり本格的なラインナップになっています。
滑るのはゲレンデだけという、ほとんどのボーダーの方には、正直なかなか縁遠いボードです。
バックカントリーでの深雪やコース脇のパウダーを狙う方には、フラットトップやロッカーボードの方が扱いやすくておすすすめです。

本格的にパウダーを求めて滑る上級女性ボーダーには、様々なテクノロジーが搭載された「ANTI-SOCIAL」がサポートしてくれます。


今回までの記事でBURTON2014-2015シーズンの、レディースボードのラインナップを紹介しました。
メンズに比べてラインナップ数は少なめですが、お手頃なものから本格的なモデルまで幅広くあります。
初めてマイボードを買う女性は、男性以上に「扱いやすさ(取り回しの良さ)」を重視すると良いと思います。
疲れにくく、気軽に乗れる板を手に入れて、スノーボードを「楽しむ」ことが大切ですね。

次回以降はバインディング、ブーツの紹介もしていきたいと思います。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




スポンサーサイト



テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, 2015, レディース, パウダー, S-ROCKER,

BURTON【2014-2015 ラインナップ(メンズパウダーボード)】

2014年 10月08日 00:23 (水)

     


みなさんこんばんはstoneです。

先日の台風18号の上陸で各地で大きな被害が出ています。
被災地の復旧や、被害者の方の一刻も早い救出を願っています。
台風19号も来週には上陸の可能性があるので、しっかり防災対策をして、備えたいですね。


さて、前回は14-15シーズンのBURTONのメンズロッカーボードのラインナップを紹介しました。

今回はメンズパウダーボード(S-ROCKER)のラインナップを紹介していきます。


BURTON ONLINE STORE

< S-ROCKER ~エスロッカー~ >
ベンド パウダー
両足間はキャンバー形状で、ノーズ部分がロッカー形状になっています。
ノーズのロッカーがパウダーでの高い浮力を生み出します。
両足間がキャンバー形状なので、安定性・スピード・エッジグリップも高く、オールラウンドに乗ることができます。
スイッチでのランディングは浮力・安定性共に落ちるので注意が必要です。


LANDLORD SPLIT/FAMILY TREE(ランドロード スプリット/ファミリーツリー) ¥115,000

BURTON (バートン) 2014-2015モデル<FAMILY TREE>LANDLORD SPLIT [SPLIT Channel]【スノーボード】【国内正規品】【スプリットボード】 【RCP】

価格:124,200円
(2014/10/6 12:55時点)

バックカントリー・パウダー向けライン「FAMILY TREE」のモデルです。
スプリットボードとは、板の真ん中で縦に2つに分割できるボードです。
バックカントリーの場面で、登行時は分割した状態でスキーのように装着でき、パウダーで深く埋まることなく、ハイクアップできます。
登り終えた後は結合させて、通常のスノーボードとして使用します。
バックカントリー・パウダーを滑ることに特化したボードです。
ゲレンデで滑る方には、特長をほとんど活かせないと言っても過言ではないですね。
非圧雪のエリアを滑る方や、パウダージャンキーの方には多くのメリットがある板です。



SPLIFF/FAMILY TREE(スプリッフ/ファミリーツリー) ¥115,000

BURTON Family Tree Spliff 148? スプリットボード 正規輸入品

新品価格
¥68,850から
(2014/10/6 12:51時点)

バックカントリー・パウダー向けライン「FAMILY TREE」のモデルです。
「LANDLORD SPLIT」と同じく、2つに分割できるスプリットボードです。
スプリットボードながら、「Raduction」と呼ばれるテクノロジーが搭載され、通常のボードより8〜10cm短いものでも、長い板と同等の安定性や浮力が得ることができます。
通常よりも短い板のため、取り回しが良く小回りが利きます。
パウダーの中でも、自然の地形を活かして遊びたいという方にもってこいのボードです。


LANDLORD/FAMILY TREE(ランドロード/ファミリーツリー) ¥85,000

Burton Family Tree Landlord Snowboard [並行輸入品] 159cm

新品価格
¥83,980から
(2014/10/6 12:50時点)

バックカントリー・パウダー向けライン「FAMILY TREE」のモデルです。
高い浮力を持つパウダーボードでありながら、ツインチップ形状のようなバランスの取れた乗り心地が特徴です。
カーボンのワイヤーが板全体に斜めに搭載されていることで、軽量で反発力のある、パワフルな滑りができるボードです。


PILE DRIVER/FAMILY TREE(パイル ドライバー/ファミリーツリー) ¥80,000

★日本正規商品★★ 早期予約商品 ★ 14-15モデル ★【10%OFF】【オリジナルエッジカバー】【ステッカープレゼント】【チューンサービス】【送料無料】【代引き手数料無料】BURTON Pile Driver(バートン・パイルドライバー) サイズ:140

価格:77,760円
(2014/10/6 12:56時点)

バックカントリー・パウダー向けライン「FAMILY TREE」のモデルです。
今シーズンから登場した、スワローテールのNEWパウダーボードです。
スワローテール・大きく入ったテイパーが、パウダー・深雪での浮力を生み、楽にスピードを維持させてくれます。
レングス(長さ)も140cmのみなので、サーフィンのように雪に「乗る」ような滑りを楽しめる板です。


FLIGHT ATTENDANT/FAMILY TREE(フライト アテンダント/ファミリーツリー) ¥80,000

★日本正規商品★★ 早期予約商品 ★ 14-15モデル ★【10%OFF】【オリジナルエッジカバー】【ステッカープレゼント】【チューンサービス】【送料無料】【代引き手数料無料】BURTON Flight Attendant(バートン・フライトアテンダント) サイズ:156

価格:77,760円
(2014/10/6 12:56時点)

バックカントリー・パウダー向けライン「FAMILY TREE」のモデルです。
今シーズンから登場したNEWボードです。
ミドル~ハードフレックスで、高速でのパワフルなパウダーランに向いています。
バックカントリーでのパウダーから、ナチュラルな地形での遊びながらの滑りを楽しめる板です。


FISH(フィッシュ) ¥78,000

◆14-15 BURTON バートン パウダー MENS スノーボード 【FISH 】 S-ロッカー 日本正規品 予約販売品9月末入荷予定

価格:84,240円
(2014/10/6 12:57時点)
感想(0件)

長きに渡ってパウダーファンから愛されている、BURTONのパウダーボードの代表モデルです。
スワローテールで、大きく付けられたテイパーが、パウダーでの浮力を生み、操作性を向上させます。
「Raduction」が搭載されているモデルなので、通常より3~6cm短い板で滑ることができ、ハードなシチュエーションでも取り回しの良い滑りをすることができます。


BARRACUDA(バラキューダ) ¥74,000

◇153cm/15 BURTON BARRACUDA スノーボード バートン バラクーダ S-ロッカー パウダーボード JAPAN正規品(店舗印・保証書有) 【2014-2015】

価格:79,920円
(2014/10/6 12:58時点)

S-ROCKERのラインナップの中では、フリースタイル寄りのモデルです。
テイパーも大きく入れず、エッジグリップを向上させることで、パウダー以外でのライディングも対応できる板です。
バックカントリーの深いパウダーから、ゲレンデのコース脇のパウダーまで、様々な地形での遊びを快適にしてくれるボードです。
試乗レビューはこちらの記事を参考にしてください。


今回はBURTON2014-2015シーズンの、メンズパウダーボードのラインナップを紹介しました。
S-ROCKERのモデルは、販売店の限定されている「FAMILY TREE」のラインが多く、専門的な板が多いです。
パウダー以外では扱いにくいモデルも多いので、初心者の方が初めて買うには、正直おすすめできません。
本格的にバックカントリーに入る方や、雪量の多いゲレンデに行くことが多い方は、フリースタイル向けのボードとの特徴・乗り心地の違いがメリットになります。
stoneも試乗会で何度かパウダーボードに乗ったことがありますが、深雪で乗ったことがないので、北海道などで試してみたいですね。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, 2015, メンズ, パウダー, S-ROCKER,

スノーボード【板】おすすめブランド ~「フリーラン」「パウダーラン」向け~

2013年 11月09日 03:45 (土)

     


みなさんこんばんはstoneです。
前回までの記事でスノーボードの選び方を紹介しました。
どんな板を買えばいいか悩んでいる方の手助けになっていれば幸いです。

今回はどんな板を買えばいいかなんとなく分かったけど、実際どこの板を買えばいいの?という疑問を解決すべく(?)stoneおすすめのブランドをスタイル別に紹介していきます。

当ブログではスタイルを4つに分類していますが、今回は「フリーラン」と「パウダーラン」におすすめのブランドを紹介していきます。

BURTON信者のため、BURTONはスタイル別におすすめのモデルも紹介していきたいと思います。
試乗会などで乗った板は感想なども交えて紹介していきます。

ギアを選ぶ際にかなりの種類がある中で、ブランドを絞るだけでも探しやすくなるので、スタイルに合ったお気に入りのブランド・モデルをゲットしてシーズンインに向けて準備を進めていきましょう。


このブログでのスタイルの分類については以前の記事を参照してみて下さい。
どんな滑り方をメインにするかによって、向いているボードも変わってきます。
ブランドの中でもいろんなスタイルに対応している総合ブランドもあれば、ひとつのスタイルに特化したブランドまであるので自分に合ったボード探しの参考にしてみてください。


<フリーラン>
ゲレンデ全体で、高速でのカービングや地形を利用して遊んだりと、オールラウンドに滑るには、乗りやすさと全体的な板の性能が必要になってくるので、キャンバーやダブルキャンバーの各ブランドのフラッグシップ(代表)モデルが向いています。
今回は高速でのカービングを得意とする、フリーランにおすすめブランドを重点的に紹介します。
遊び重視のフリーランはnオールラウンドモデルという括りで<フリースタイル>の記事で一緒に紹介していこうと思います。
値段はオールラウンド向けで6~8万くらい、高速でのカービング向けモデルで8~10万くらいのものが多く、少しお高めですが、一本しっかりしたフリーラン向けの板を持っていれば、長く乗ることができると思います。

BURTON
BURTONロゴ
おすすめモデル
X9FV(エックスナインフライングヴイ):ダブルキャンバーのオールラウンドモデルです。
ノーズをやや長めに設定したディレクショナル形状を採用していて、レギュラースタンスでの滑りやすさやパウダーでの浮力もあります。
シーズンを通して、バックカントリー・地形遊びもこなせる板なので、ゲレンデ全体で場所を選ばすに遊びまわれる中上級モデルです。
CUSTOM(カスタム):キャンバーモデルとダブルキャンバーモデルがあります。
長年BURTONのフラッグシップ(代表)モデルとして、最も信頼されてきたモデルです。
2013-2014シーズンモデルから、カーボンを搭載したり、毎年更なる性能を求めてマイナーチェンジされています。
板全体の性能が非常に高いので、一本で長く乗り続けられると思います。
試乗会で乗った際も、各ブランドのオールラウンドモデルと比べても、安定感やエッジグリップは抜群に良い乗り心地でした。
SHERLOCK(シャーロック):ダブルキャンバー・ツインチップの、オールラウンドモデルです。
X9FVやCUSTOMに比べ、パウダーやツリーランなどで特徴を活かせるボードなので、ハイシーズンにゲレンデ全体で乗り回したい板ですね。
BURTON X9FV BURTON CUSTOM BURTON SHERLOCK


BC STREAM(ビーシー ストリーム)
BC STREAM
ハイスピードでのライディングを主体とするスタイルに向いている、高性能ボードを作る国内ブランドです。
本格的なレースモデルまで手掛けているブランドなので、フリーラン向けの板も性能には定評があります。
エントリーモデルとしての位置づけで、値段もお手頃な「SOLEIL」は性能も高く、初中級の方にはハイエンドモデルよりも扱いやすいと思います。
ハイエンドモデル「S」シリーズでは、形状やフレックス・デザインを自分でカスタムすることができます。
BC STREAMに乗っている人は、ガンガンスピードを出して、キレキレのカービングで滑っている上級者が多いイメージがあります。
エントリーモデルでも、十分な性能があるので最初の1本にも向いていると思います。


ROME SDS(ローム エスディーエス)
ROMESDS ロゴ2
BURTONの「CUSTOM」製作に携わっていたスタッフが立ち上げたアメリカのブランドです。
<フリースタイル>向けの板も多いですが、試乗会で乗ってみてフリーランの性能が高く感じたのでフリーランにおすすめしたいと思います。
試乗会で乗ったオールラウンドキャンバーモデルの「AGENT」や、独自の3Dキャンバーモデルの形状を採用した「CROSSROCKET」など、スピードが出ても安定してフリーランを楽しめると思います。
ROME SDSに乗っている人は、あえてビッグブランドを外している、オシャレで上手いボーダーが多いイメージですね。


YONEX(ヨネックス)
YONEX ロゴ
カーボン素材で有名な総合スポーツブランドです。
カーボンの反発力を活かした、フリーラン向けのカービングボードから、軽量でバランスの取れたフリースタイル向けの板、パウダーボードまで幅広くラインナップしているブランドです。
ラインナップ数は多いので、どのスタイルにも対応できるモデルは揃っていますが、試乗会で乗った板が軽くて中速~高速のフリーランに向いている印象だったので、フリーランおすすめブランドとして紹介したいと思います。
試乗した「NEXTAGE」は軽量で扱いやすく、キャンバーのエッジグリップも良いので、フリーランに向いていると思います。
NEXTAGEよりハイグレードモデルの「SMOOTH」もカーボン搭載のスペックの高い板なので、1本目のフリーランボードとして購入すれば上達が早く、基本技術が身に付くと思います。
YONEXに乗っている人は、高速カービングしている上級者から、グラトリなどで遊びながら滑っている人まで幅広くいますが、性能に重きを置いているしっかり滑れるボーダーがのっているイメージです。


SCOOTER(スクーター)
SCOOTER
国産スノーメーカー「OGASAKA」の自社ブランドのひとつです。
パウダーボードやパーク向けのモデルもありますが、最大の特徴は国産メーカーならではの、品質の高さなのでフリーランが一番SCOOTERの板を活かせると思います。
SLIDERS」のシリーズは、フラット形状のものから、ダブルキャンバー・トリプルキャンバーまで広くラインナップされているので、好みに合わせて選ぶことができます。
キャンバー・ツインチップでどんな場面でもコントロールしやすく、オールラウンドに使える「PEAKS」もおすすめです。
SCOOTERに乗っている人はあまり見かけませんが、OGASAKAの自社ブランドということもあり、こだわりを持っていそうな上級者が乗っているイメージですね。



<パウダーラン>
パウダーを重視しているブランドというのはあまり見かけませんが、パウダーラン向けのモデルは、各ブランド様々なシェイプや、セットバックされていてパウダーでの浮力を重視したモデルなど、特徴的な板が多いです。
パウダーボードは、深雪以外でも浮力と安定性があるので、温度が高いときのシャバ雪や高速でのフリーランでもメリットがあります。
中上級者向けの専門的な板が多いので、値段的には高いものが多いです。

BURTON
BURTONロゴ

おすすめモデル
FISH(フィッシュ):長年パウダーボードとして愛されてきたモデルです。
スワローテールになっていて、ザ・パウダーボードといった形状です。
2013-2014モデルでは性能も更に良くなり、普通ののボードより3~6cm短い長さを適正としていて、取り回しもしやすくなっています。
BARRACUDA(バラキューダ):形状はパッと見普通ですが、セットバックが入っていてテールに比べノーズが長く、テイパー形状になっているのでノーズ幅が少し広く設計されています。
ベンドもパウダーロッカーになっているため、浮力がかなり感じられるモデルです。
バックカントリーから、コース脇のパウダーまでこなせる万能パウダーボードです。
BURTON FISH BURTON BARRACUDA


MOSS(モス)
MOSS
「雪の上のサーフィン」をコンセプトに、パウダーボードやフリーラン向け、アルペンボードまで広く高性能なボードを作っているブランドです。
テイパーが大きく入った「Q」シリーズや、ハンマーヘッドと呼ばれる特殊な形状でフリーランまで対応できる「TWISTER」などがあります。
MOSSに乗っている人は上級者が多く、フリーランでのカービングのレベルが高いというイメージがありますね。


OGASAKA(オガサカ)
OGASAKA
長きに渡り高性能スキーを開発してきた国内ブランドです。
スキー同様に高性能のスノーボードを製作しています。
いくつか自社ブランドを持っていますが、「OGASAKA」は一番パウダーやアルペン向けのラインナップが多いブランドです。
スワローテールの「FT」や、テイパーが大きく入ったセミハンマーヘッドの「FC」シリーズがあります。
高性能のモデルが多く、値段も高いので本格的にスノーボードをやっている上級者の方が乗っているイメージです。


READYMADE(レディメイド)
READYMADE

2009年に立ち上げられたボードブランドです。
まだまだ発展途上のブランドですが、年々モデル数も増えてきていて、今後が楽しみなブランドです。
ラインナップ数は少ないですが、スワローテールのパウダーボード「ASYMFISH」や、フリーランにも対応できる「HYDRO」といった面白そうなモデルがあります。
ゲレンデではまだ乗っている人はあまり見かけませんが、他人とかぶらずにブランドが大きくなっていくのを追いかけたい方には、とても魅力的なブランドだと思います。
全体的に値が張るので、自分に合う板をしっかり見つけたいですね。



今回はスタイル別で「フリーラン」と「パウダーラン」におすすめなブランドを紹介しました。
最近ではブランドの数も年々増えていて、選ぶのは大変ですが、お気に入りのブランドができるとスノーボードが更に楽しくなってきますので、色々見比べて自分の好きなブランドを見つけていきましょう。
次回は「スリースタイル」と「ジャンプ」におすすめなブランドを紹介したいと思います。
フリースタイル系のブランドが多いので、長い記事になってしまうと思いますが、お付き合い頂ければと思います。

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, フリーラン, パウダー, BCSTREAM, MOSS,