fc2ブログ

04月 « 2024年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月



[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

BURTON CUSTOM(バートン カスタム) レビュー・感想・インプレッション

2022年 03月05日 00:10 (土)

     


みなさんこんばんはstoneです。
今回は今シーズン途中で新しく購入した「BURTON CUSTOM(バートン カスタム)」のレビューを書いていきたいと思います。
今まで乗っていたのも2013年モデルの「BURTON CUSTOM」でしたが、滑っている際のアクシデントで板折れしてしまい、2代目のカスタムを購入しました。
新しい板を買い増そうかと迷っていましたが、BURTON好きとしてはメインのキャンバーボードとしてCUSTOMに乗りたくなってしまいます。
2022年1月に購入してから、新しいCUSTOMには10日間程乗りました。

BURTON CUSTOM 154cm (バートン カスタム)

<スペック・特徴>
「BURTON CUSTOM(バートン カスタム)」は、「The Channel」ボードでBURTON独自のバインディングをビス2本で固定するシステムです。

フレックス(硬さ)の設定はミドル(中くらい)です。
テール側よりノーズ側が長く設定されているディレクショナルボードで、12.5cmのセットバックが入っています。

「Flying V=ダブルキャンバー」のCUSTOMもラインナップされていますが、stoneはキャンバーのモデルを購入しました。


トップシート

BURTON CUSTOM_トップシート

ソール面

BURTON CUSTOM_ソール

トップシート・ソールともにシンプルなデザインです。
トップシートは木の感じを活かした表面になっています。
ステッカーチューンをしたくなりますね。

BURTON CUSTOM_ノーズ

ほとんどグラフィックのないトップシートですが、ノーズ側にだけ刻印(?)が。

BURTON CUSTOM_JAKE

モデル名「CUSTOM」、長さ「154」cm、ベンド「CAMBER」、生産国「MADE IN AUSTRIA」などの他に「RIDE ON JAKE」の表記が。
2019年11月にこの世を去った、BURTONの創設者「JAKE BURTON CARPENTER(ジェイク・バートン・カーペンター)」への追悼のメッセージが印字されています。


<試乗レビュー>

◆カービング・フリーラン
ハリのあるキャンバーボードで、しっかりとカービングが切れます。
踏みこんだ後の反発もしっかりあるので、ターンの切り替えもスムーズです。
広いバーンでのロングターンが気持ちいいですが、取り回しも悪くないので、ショートターンもイケる板です。

スピードに乗ってきても安定感があってバタつきも少ないので、高速のカービングでも力で抑え込むという印象なく、安定して滑ることができます。

反発力・ハリはしっかりありますが、硬すぎないので、初級者~中級者の方でも楽しくフリーランできるモデルだと思います。


◆グラトリ
ミドルフレックスで、そこまで硬いという乗り味ではないので、グラトリも苦手なモデルではありません。
キャンバーで反発力があるので、しっかりしたポイントで踏んであげれば、高さのあるトリックができると思います。

ディレクショナル(ノーズの方がテールより長い)なので、スイッチでのトリックをしたいという方はツインチップと違うので注意が必要かもしれません。
(CUSTOMに限らずですが)

低速~中速でのグラトリよりも、ある程度スピードをつけてラントリのような乗り方の方が、CUSTOMの良さが引き出せそうです。


◆パウダー
BURTON CUSTOMはキャンバーボードなので、特別パウダーが得意というわけではありません。
ただ、ディレクショナルでセットバックが入っているので、テール側荷重で乗れる技術があれば、問題なくパウダーも滑れました。
パウダーに当たった日は、The Channelボードはビス2本止めで調整も簡単なので、しっかりセットバックを入れたセッティングにして滑っても良いかもしれません。


◆まとめ
BURTON(バートン)のフラッグシップモデルで、長年スノーボード業界を引っ張ってきたモデルだけあって、CUSTOM(カスタム)は実力のある板だなと感じます。

2013年モデルから2021-2022モデルに乗り換えた形になりましたが、柔軟性とハリがアップしているように感じました。
(少し硬さを感じる乗り味だったのが、柔らかいかなと思って踏むとしっかり反発が返ってくる感じ)

スノーボードを作ったと言われるBURTONの創設者ジェイク・バートンへのメッセージ「RIDE ON JAKE」が入っている特別感のあるシーズンのモデルを買えたのはよかったかなと思います。
北京オリンピックで、ショーン・ホワイトと平野歩夢の世代交代のシーンを見たから感慨深くなってしまいます。

北京オリンピックでは平野歩夢が2022-2023モデルの「BURTON CUSTOM」、弟の平野海祝が今回紹介した2021-2022モデルの「BURTON CUSTOM」に乗っていました。

脱線してしまいましたが、「BURTON CUSTOM(バートン カスタム)」は、クセも少なく、長く乗れる質実剛健なモデルなので、中級者~上級者の方はもちろん、初めてのマイボードを買う初心者の方にもおすすめの1本です。

【楽天市場でBURTON CUSTOMを探す】  【AmazonでBURTON CARTOGRAPHERを探す】

BURTON ONLINE STORE
【Burtonオンラインストア】




関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

tag : スノーボード, BURTON, バートン, メンテナンス, レビュー, 選び方, CUSTOM, カスタム, キャンバーボード, カービング,

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2022年04月04日 23:48

バートンカスタム、ずっと気になってました
解りやすいレビューありがとううございました
1本は欲しい板と思っています
今回のは、シンプルでお洒落ですね
欲しくなりました。

Re: No title

2022年04月07日 17:23

たむさん
嬉しいコメントありがとうございます。

素人レビューですが参考になっていれば幸いです。
CUSTOMは質実剛健という感じで、メインで乗るには安心の板だと思います。
いい意味でクセの無いCUSTOMを持っていれば、2本目の選択肢も広がると思います。
(春先・グラトリ用に柔らかいロッカーとか、気になるブランドのクセのある板とか)

2021-2022モデルもシンプルでカッコいいですし、2022-2023モデルは北京オリンピックの影響もあって既にかなりの予約数になってるみたいですね。